耳鳴りで耳鼻科を受診 キーンと続く耳鳴り

耳鳴りエクササイズの改善法で治療を解決!広い視点で見ると耳鳴りには沢山の改善ポイントがある。

耳鳴り改善

5分でできる!耳鳴り対策


サードオピニオンを求めて耳鼻咽喉科を転々

山下先生
多忙中恐れ入りますが、以下質問いたします。

1.タッピングは一日、最大5回とのことですが、下記記載のように耳鳴りが酷いのが1日5回以上起きますので、6回から7回タッピングをするときがしばしばです。やり過ぎでしょうか?

2.睡眠中に耳鳴りの音が高いので深夜/早朝に目を覚まし、タッピングを行いますが、再び眠れるときと眠れないまま朝を迎えるときがあります。睡眠中の耳鳴りはやはり精神的なものが関係しているのでしょうか?(夢を見ていた時とそうでない時とが在るようです。)また良き対策があるでしょうか?

耳鳴りの状況:左の耳鳴りは15年ぐらい前から起きていて、1ー2週に一度耳鼻咽喉科に通院していましたが(少し気になる程度で仕事に大きな支障はなし)、今年7月末に冷え切ったバスに乗ったのがきっかけで右耳にも激しい耳鳴りが生じました。気が狂るわんばかりでした。

セカンド、サードオピニオンを求めて耳鼻咽喉科を転々しましたが、殆ど好転せず、必死になってインターネットを調べた結果、先生に辿りつきました(8月下旬)。酷い耳鳴りが起きた時タッピングを実施すると(ばらつきがありますが)10分から1時間ぐらいで耳鳴りの音が小さくなります。絶望を感じていたのですが、何とか耐えられる程度になりました。大変感謝しています。

しかし、今でも、日中に3-5回、大きな耳鳴りに襲われ、また睡眠中に、大きな耳鳴りの音で目を覚ます時が2-3日に1−2度(一夜に2度目覚めることもある)、毎朝、起きた時にも大きな耳鳴りがしています(モーター、ミンミン蝉やキーンという音が主で複数の音)。タッピングで音は小さくなりますが、消えるのは週に一度ぐらいで、わずか30分ぐらいです。従って、冒頭の質問となりました。



マッサージをして 血流やリンパの流れをよくしたり

いつもメールを読ませていただいています。はじめはタッピングを一生懸命にやっていましたが、この頃はあまりしていません。メールも読んでいるときはそうだな と思いますがすぐに忘れます。

タッピングをやるとなぜいいのかということがわかりませんでした。体のホルモンバランスが悪いとか自然治癒力と言う言葉が心に強く残って、私は、それで いこうと決心し、それまで飲んでいた薬は全部やめました。

子どもたちと接する仕事なので、疲れますが 疲れないような体力をつける。そのために、こまごまと体を動かしたり ダンベルや ストレッチ マッサージをして 血流やリンパの流れをよくしたりしています。ですから肩や首のこりが少なくなって それがいいのかもしれません。


耳鳴り原因

耳鳴りと原因,耳鳴りを治療 耳鳴りでお困りの方はこちら。自分でおこなう対策法




index耳鳴り治療 01キーンと続く耳鳴り 02耳鼻科で耳鳴りキーンを受診 03針治療 04治らない 05自律神経失調症 06肩こり 07お酒 08冷え性 09キーン 10頭痛 11病院 12心療内科 13不安感 14 15補聴器 16ツボ 17メニエール病 18イチョウ葉エキス 19不眠症 20針治療 21騒音 22ナリピタン 23耳鼻科


耳鳴りの治し方

あなた様の耳鳴り消失に向けた治療プログラムとして、以下の無料メール講座では、耳鳴りエクササイズを効果的に取り入れて頂ける情報をはじめ、症状克服のためのアドバイスをお届けしています。

耳鳴り対策耳鳴りを止めるレポート
さらに、耳鳴り解消に重要な「自律神経と体の歪みを整える超呼吸法(下図)」など、すぐに使える情報も今だけの限定でお伝えいたしております。もちろん無料。

酸素欠乏による耳鳴り解消にお役立て下さい。


ここにある沢山の喜びのお便りと同じように、あなた様もきっと、治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、5分ほどでお届けいたしております。



お名前


メールアドレス(PC用)


★メール読者様からのご感想★

「このサイトの感想を読ませていただき、たくさんの方々が耳鳴りに悩み、また山下さんに救われていることがよくわかります。私自身もこのメールでどれほど救われたことか。大きな支えになりました。」E・M様

「読むことでなんだか安心するのですかね、耳の状態がすごくいいのです。不思議です。読むお薬と題してありましたがそのとおりだとおもいます。」
桑原様

「山下先生のアドバイスがなかったら本当に難病になるところでした。希望だけでも持ち続けられる気力が出てきました。」和田様

「貴メールマガジンを拝見し、耳鳴りは治るものだと理解しました。お蔭様で気にならなくなりました。今は鳴っているような鳴ってないような感じですが、以前よりは小さいと思われます。本当に有難うございました。」小泉様

「たくさんの情報をありがとうございます。それらを繰り返し読むことで、耳鳴りというものがどういうものかがよく分かり、不安が解消されました。」
川上様


耳鳴りの原因と治療 ©